ピッチャー

山内新一(巨人、南海、阪神)三菱重工三原硬式野球部|選手紹介

山内新一と言う投手をご存知でしょうか。

もしかしたら知らないという野球ファンもいるかもしれませんが、時代が時代ならものすごい偉業を成し得たピッチャーだったかもしれません。

ここでは、少しでも山内投手の功績について語れたらと思います。

ピッチャー

○順風満帆とは言えなかった山内新一は苦労しながらプロに入った

山内新一投手は非凡な才能を持っていたものの楽にプロの門を叩いた訳ではありませんでした。三菱重工三原に入社し、都市対抗野球大会の準々決勝に進出するもリリーフした試合で負けてしまいます。ところがいいピッチングをしたため翌年の1967年、巨人からドラフト2位指名を受けます。

山内新一は68年は一軍での登板がなかったものの69年から一軍で起用されることになりました。そして70年では主に中継ぎで起用されることになり8勝を記録し、そのポジションを確固たるものとしました。

が、72年には怪我に苦しみ73年には南海へトレード要員として出されてしまいます。

ところが、結果的に言うとこのトレードが大当たりでした。

トレード先の南海にいたのは野村克也監督。野村監督は山内新一の制球力に目をつけ復活させることに成功しました。その年にはなんと山内は20勝も挙げ南海をリーグ制覇に導きました。中でも外角へのスライダーは相手バッターを翻弄する最強の武器となっていました。

ここからは私の推測ですが、野村監督は伊藤が最強のスライダーを投げられるように育て上げたのは、山内新一からなんらかのヒントを得たからではないかと思っています。

○南海の黄金時代を支えたエース

山内新一は以後南海のエースとして君臨し76年にも20勝を挙げるというものすごい実績を残しました。にもかかわらず、実は最多投手に輝いたことはありませんでした。なぜなら鈴木啓示、山本久志、村田兆治、東尾修といったもしかしたら歴代最強と言っても過言ではないの投手人をパリーグが備えていたためです。

野村監督も山内新一が最多投手を取れなかったことに関して、

「時代のせい」

としています。偉業を残した割には山内新一という選手の知名度が低いというのは、こうした最強世代に組み込まれた「好投手」だったからではないでしょうか。(村田兆治や東尾修は好投手を飛び越して化け物と言っていいくらいですからね)

いずれにせよ山内は言ってみれば「好投手団塊の世代」に組み込まれていたため損をしていたわけです。

○山内はちょくちょく面白いところにも顔を出している

山内新一に限って言えばちょっとライトなエピソードも兼ね揃えています。

例えば「野村再生工場」という言葉ができたのはこの山内の力が大きいのです。勝てなくなった山本をいきなり20勝投手に押し上げたことが最大の要因だからです。

また81年には山内和宏、山内孝徳が入団し、山内新一とあわせて山内トリオとして組み込まれました。ベテランエースなのにこのトリオに組み込まれるあたり周囲の人からも愛されていたのが伺えます。

しかもギャグなのかなんなのか、この三人は背番号が18番、19番、20番(山内新一は20番)と連番にされるくらいです。

とにかくいろんな面で影響を及ぼしている山内新一。面白いのは84年に阪神に移籍し、85年にも在籍していたが登板は5試合のみでした。その年で引退しましたが、運いいことに優勝メンバーには名を残しています。

個人としてはタイトルとは縁のなかった山内新一ですが、チームとして見るならいい野球人生だったと言えるのではないでしょうか。