mitsuo

角盈男(巨人、日ハム、ヤクルト)三菱重工三原硬式野球部|選手紹介

グラウンド内外でも人気を集めた角盈男(すみみつお)は意外にも高校や大学でなく社会人野球の三菱重工三原硬式野球部に所属していました。プロに入るといきなり新人王として活躍し、誰からも知られる存在となりました。引退後の人生も波乱万丈なものがありました。

○1年目からの活躍が凄かった!

角盈男がドラフトの目に留まったのは三菱重工三原の活躍もありますが、1976年の都市対抗野球で広島マツダの補強選手となり、広島マツダを準決勝進出へ導いたという活躍なくして語れなかったかもしれません。

その年巨人からドラフト3位の指名を受け晴れてプロ入りすることができました。

mitsuo

1年目の結果は5勝7セーブ。ものすごく活躍したというわけではありませんが、新人の及第点以上の活躍だったこともあり新人王を獲得しました。

元々コントロールに不安を抱えた投手でしたが、サイドスローに転向することにより制球力を増し、1981年には8勝20セーブでリーグ優勝に大きく貢献。さらには最優秀救援投手の個人タイトルを獲得することも出来ました。

怪我などが重なり、クローザーからセットアッパーに変わったのですが、これはこれで成功!

「角ー鹿取ーサンチェ」

が流行語になるなど長きにわたって巨人にはなくてはならない存在でい続けました。

○その後日ハム、ヤクルトと移籍を重ねる

しかしずっと好調を維持できていたというわけではなく、1989年に日ハムに移籍することになります。

その際、日ハムの近藤監督が巨人の藤田監督頼み込んで実現。日ハムでは先発で起用され43試合に先発し、3完投をした。

日ハムでの活躍後92年にヤクルトに入団。ここで再びリリーフとなります。その年に優勝したのでまさに優勝請負人と言っても過言ではないかもしれませんね。

ところがなんとその年にあっさり引退。当時ヤクルトの監督は野村監督でしたが、その年に引退するとは思っていなかったようです。99セーブであっさり引退した角をもったいなく思っていました(知っていれば100セーブとらせてあげたかったみたいです)。そんな野村監督の思いとは裏腹に角はそこまで100セーブにはこだわっていなかったようですが……。

○引退後も壮絶だった

角は引退後の方が波乱万丈と言ってもいいかもしれません。

引退後は解説が決まっていましたが、バブル崩壊の影響を受け放映が少なくなったため、太田プロダクションに所属。

95年にはヤクルトの投手コーチに、97年には巨人の投手コーチになります。

現在はタレント、評論家として生計を立てており、ブログはほぼ毎日のように公開していて野球教室、講演活動を積極的に行っているようです。「角盈男が行く!ご当地ラーメン紀行」は高い評価を得ていてレビューが好評です。

このように引退後もタレントとして充実しているかのように見える角盈男の人生ですが、2014年に前立腺がんであることを告白。離婚も一度経験しています。しかも養育費、慰謝料の額が1億円超だという報道もありました。

それでも二人の息子がいて二人とも野球をしているため、夢がその子たちがプロになって野球を観戦することだという親の顔も多々見られます。

2013年には都市対抗野球の始球式に登板していたようです。角盈男はプロ野球選手だったという印象が強いですが、この映像を見ると、社会人野球出身だったことが実感できますね。